スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
華四記 十
華四記 十 UP

実は、華四記専用のブログに支障が起きまして(涙)

あちらにUPできませんでした。

なので、こちらでUPしますねぇ。

続きを読むの中にありますです。

で、投票BOXもあちらのブログで作成してたので、直ぐに作れません。

良かったら無記名でもコメントかけますので、コメントの方に①②③のどれかだけ書いていただけると嬉しいです。

多分これからもこの形になってしまうかも(号泣)

ごめんよ~~、ごめんよ~~。

では、お楽しみくださいませぇ。

華四記 十


凛は張国栄と別れ、途方にくれた。

『仔仔』を捜す事を諦めなければ…、そう思いながらも心がその行方を求める。

気付くと『仔仔』と同じ『紫風』の気を持つあの老人が住む荒れ寺の前に立っていた。

まだ日が高く先日よりは明るい境内だが、やはり気味悪い烏達の鳴き声は響く。

一瞬足がすくんだが、意を決して中へと歩を進めた。

「あっ……。」

人影を見つけ、立ち止まる。

屋根もぼろぼろの縁側、木漏れ日を浴びながらうたた寝をするのは『仔仔』。

起こさぬように、そっと近寄った。

座ったままで、壁に凭れて眠る彼の睫毛は長く、艶やかだ。

ある意味女性よりも『美しい』と言う言葉が似合う。

「あの……。」

「うわっ!」

仔仔は突然の訪問者に完全に虚を突かれた。

飛び跳ねんがばかりに驚き、刀を構える。

「きゃっ。」

「あ……あんた。」

目の前で尻餅をつく凛を見て、仔仔は更に驚かされた。

「その……。」

やっと会えた仔仔に、凛もなかなか声が出ない。

二人して、無言で見つめ合う。

「凛!凛!」

その時孝天の声が響き渡った。

チラッと凛を見た後、くるりと向きを変えると仔仔は裏口に向かって走り出す。

「あっ、待って!」

凛も思わず走り出した。

込み入った町屋を右へ左へ抜けて行く。

そして、辿り着いたのは、沢山の人でごった返す市場だった。

見回しても、仔仔の姿はない。

「そんな……。」

凛はがっくり肩を落とした。

「あんた、結構足早いな。」

「えっ!」

全く気配の無い背後から静かな声が聞こえた。

振り返るとそこには明るい笑顔の仔仔がいた。

「『姫』の割にはなかなかやる。あっ、これ食べる?」

手に持つ林檎を差し出した。

凛は小さく首を左右に振る。

「旨いのに。ガリッ、ムシャムシャ。」

本当に美味しそうに食べる仔仔を前に凛の喉が鳴った。

「ごくっ……。」

「なんだ、欲しいんだ。はい!」

食べかけの林檎をさも当たり前のように渡してくる仔仔に否が言えず、受け取ってしまった。

「カシッ。」

少し噛ると甘酸っぱい果汁が口いっぱいに広がる。

「おい…しぃ。」

「だろ?」

「ぅん。」

追われる身でありながら、天真爛漫さを失わない。

初めの触れば切れるような鋭い印象と違う仔仔に戸惑ってしまう。

「じゃ!」

「ま、待って……。」

「何?」

「その……、ありがとうございました。」

「あぁ。」

「その……、何故追われるているんですか?」

「……。」

悲しげな瞳、凛は思わず抱きしめていた。

「もし…、もしお嫌じゃなければ私に話して頂けませんか?何かお役に立てるやもしれません。」

「ごめん。またね……。」

「またはありますか?」

「どうかな?でも、貴女とはいつか会える気がするよ。」

そう言うとスルリと腕の中から抜け出して行った。


この後、貴女は孝天に捕まって大目玉(笑)

さて、次の貴女の行動は?

①旭の診療所の手伝いをして、張国栄の次の公演地『華国』へ行ける機会を伺う

②『仔仔』がどんな『お尋ね者』なのかを調べる為役所に忍び込む

③『建豪』の元に通い、『仔仔』を追う一人旅に出る為に剣術の腕を磨く

お~、仔仔一歩リード!(何が?)

さて、皆様どうしますぅ?

F4コンサートで盛り上がってきたF4人気?

消さぬように皆様頑張りましょうねぇ~。
スポンサーサイト
【2006/03/22 22:43 】
華四記 | コメント(5) | トラックバック(0)
<<ちょっと変化を | ホーム | 大倉君>>
コメント
ももさん、何があったとぉ~???(ウ○ル○なの??)
ここに来て読んだものの・・・ただ今脳内エロ仔が占拠しているので
出直すね(ゴメンよ~)
【2006/03/24 01:55】
| URL | nash #vhn6t9So[ 編集] |
香港コンサート堪能してきました・・・
メールしてます、みてね。
【2006/03/25 02:16】
| URL | いさらさら。 #-[ 編集] |
コンサート行きたかったなぁ。
涙、涙、涙。
日本でしてくれると信じて疑っていなかっただけにガックリ。
う~ん、頼む日本コンサートやってくれ~~~。

>nashしゃんへ
いや、私も良く分からない??????
兎に角アクセスできないのねぇ。
まぁ、もうちょっと色々調べて見ます。
脳内エロ仔によろしくなの~。

>いさらさらしゃんへ
メールみたよ。
堪能したみたいでうれしい。
で、ありがとう。
また、コンサートの内容とか聞かせてねぇ。
【2006/03/26 08:47】
| URL | もも #halAVcVc[ 編集] |
孝天に大目玉をくらうんだよね~!!(しばし、見張られそうだ)
反省したところを見せるため、①で手伝いをし、でもやっぱり気に
なるから、②で調べ(笑)これはただ事でないと、③で剣術の腕を磨く・・・
「ふざけてんじゃね~!!」って我が大目玉だ(汗)
う~ん、②だよ、やっぱり・・・
読まれた方、是非投票してあげてくださいませ!!
妄想迷からのお願いでした♪
【2006/03/26 23:45】
| URL | 八兵衛(笑) #vhn6t9So[ 編集] |
八兵衛さん、ありがとう。
いっつも気に掛けてくれて。
でも、いいの。
私自身こうなるだろうと思ってたから。
新しく投票BOX作るのだって本当はどうってことないこと。
それをしなかったり、ここにUPしちゃったりした時点で自分でも気持ちが萎えてたんだろうと思います。
それがやっぱり皆に伝わっちゃったんだと。
だから、ちょっとこの企画もお休みしようと思います。
あくまでも自分の気持ち的な部分で。
はじめる時に親友が「大丈夫?」って言ってくれたの。
その時の意味、やっと分かるような気がします。
ごめんね暗くって。
でも、これは本当に私一個人の気持ちの問題。
ごめんね、で、本当にありがとう。
大好きだよ。
【2006/03/27 07:21】
| URL | もも #halAVcVc[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://peachgirlmomo.blog29.fc2.com/tb.php/97-48d322aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。